2017 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

多忙につき

すっかり更新しなくなってしまいました。

ひたすらヨコヨコ相場が続いていますね。しばらくヨコヨコなんですかね?
スポンサーサイト
.21 2010 未分類 comment2 trackback0

今話題のギリシャショックについて

現在の相場はギリシャショックという名の下、爆下げ状態であります。
だが、そんなものは実際問題大したことないわけです。
日本の年間発行国債額だけで100%返済できるわけですから。

ユーロ圏だけじゃなく、各国が融資すりゃ終わる話なわけですよ。
下手な景気対策打つよりもそっちのほうが有効な話なわけですが
もちろん話はそんな簡単ではなく・・・

なにが簡単ではないかというと、ただ単にギリシャショックというネタを使って
世界を裏から操っているやつらが下げて儲けようとしているだけなわけですよ。
だからたとえ融資してこの話が消えたとしても、今度はポルトガルショックだ~だの
スペインショックだ~だのいいだすだけの話で結局きりが無いんですね。

ただ、ユーロ圏の国は事情が別でして、仕掛けてきたやつらを叩きのめすぐらいの気概を
見せ付けて二度とユーロ圏には手をだすな!ぐらいのところを見せ付けないとダメなんですよね。
まあすでに時遅しなわけです。
ギリシャへの緊急融資が決まったようですが、結局下げ止まりません。
じゃあなんで下げるのか?下げだしたらみんな我先に売り出しパニックになるからです。

お祭り会場とかに爆弾テロが起こったりしたらみんな一気に逃げようとしますよね。
そんな状況なわけですよ。

ただ下げるためにやってるだけ・・・なのかどうかというのが今回のテーマです。
大まかに分けて、3つのことが考えられます。
①下げてお金を儲けたい
②ユーロ圏の崩壊を画策している
③世間の意識をただ単にそこに向けたいだけ

・・・もしかしたら全部あたりなのかもしれません。
もし②と③というような目的もある場合は、どっかの国の実力者による工作部隊による工作だと考えられます。
特にそんなことを影でやりたがりそうなのはイギリスぐらいかなとも思います。
最近負けこんできているイギリスが起死回生の手段として用いたのかもしれません。
まあこのあたりは推測でしかないんでさっぱりわかりません。

とにかく一般市民はやつらの好きにさせるしかありません。
国家間で団結しないと勝てないようなやつらに個人で戦いを挑むだけ無駄ですから。
.08 2010 未分類 comment0 trackback0

中東の歴史

簡単に中東がもめてる原因を書いてみます。

結構ニュースになるけど日本人はあまり興味がないのか、なんであんなに揉めてるのかわからないと言う人は沢山いるんじゃないかなと思います。

第一次世界大戦のちょっと前までは、中東一帯はオスマン帝国の支配下にありました。

それがどんどん列強諸国に攻められ、挙げ句の果てに第一次世界大戦で負けて解体されます。
まあそれだけなら別に揉めません。
問題なのは、当時戦線拡大に伴う莫大な戦費に困ったイギリスはユダヤ人に戦費負担してもらうかわりに戦争に勝ったら現在のイスラエルのあたりに領土をあげる約束をします。
これが現在まで揉めてる一番の原因です。
ただしイギリスは約束しときながらフランスやロシアとも領土分割の話しをするという策略をいろいろ駆使しながら、戦争に勝ちました。
じゃあ当然、勝ったんだから領土をくれとユダヤ人は言いますが、そこでイギリスは無視しますが、結局はなんだかんだとあり、また第二次世界大戦後にユダヤ人が支配してるアメリカの後ろ盾もあり、ユダヤ人国家であるイスラエルが誕生します。
そうなると当然従来からそこに住んでたパレスチナの人たちが怒ります。
そこでさらに肥沃な1/3ぐらいの土地をイスラエル、その他の砂漠やら痩せた土地をパレスチナとし、納得させようとします。(もちろん納得するわけありませんが)
で怒ったパレスチナ人は周辺のアラブ諸国と一緒にイスラエルを攻めます。
これが中東戦争。
でその結果先進諸国の後ろ盾を得たイスラエルが勝ちます。
でさらにパレスチナ人の土地を自分たちのものにしました。
こういう出来事があって中東ではイスラエルが嫌われてます。
またその肩を持つアメリカ・イギリスが嫌われてます。

まあ、ここまで書いてなんですが、結局イギリスに出資したユダヤ人はイスラエルには住んでません。ニューヨークに住んで金融の元締めをやってますとさ。

おしまい。
.27 2010 未分類 comment0 trackback0

アメリカが何故イラクに対し戦争を仕掛けたか?

何故アメリカは核を隠れて開発してるんじゃないかという疑いでイラクを攻め、またイランを攻めたがっているのか?
そのくせ核を持ってる北朝鮮は野放しなのか?
まあ、これには3通り考えられます。

①北朝鮮は攻めても得られる資源がないけどイラン・イラクは石油が大量にあり、利権を得たいため。
②イスラム諸国の反米感情を高めるため
③アメリカ議会を牛耳るユダヤ人(イスラエル)の意向に従って


普通に考えると①のようにみんな思ってると思います。
ところが実際には石油利権は中国などが取得し、アメリカは利権の取得に失敗しています。
ですので①ではないんです。
となると②か③かなんですが、どっちもありそうですね。

ここで重要なのはアメリカの本心がどこを向いているかです。
イスラエルを向いてるのか?
イスラエルの呪縛から解き放たれ、イスラム社会の多極化を望んでいるのか?

非常に興味深いところですよね。


次回は、あまり日本人は知らない中東情勢について何回かにわけて簡単に書いてみようと思います
.13 2010 未分類 comment0 trackback0

地球温暖化

では今回は地球温暖化の真実について書きたいと思います。
あくまで最終判断はご自分で。

皆さん地球温暖化って信じていますでしょうか?
マスコミの洗脳がさかんなこの国では、ほとんどの人が多少なりともエコを心掛けているみたいです。
私もエコな取り組みには賛成です。
理由はこの国は資源が少ないので、少しの資源で経済が回るようにしないといけないと思うからです。温暖化の原因の二酸化炭素排出量を抑えるためになどとは思ってません。

ちなみに温暖化対策を考えてる国民がいる国は日本とヨーロッパの少数の国しかありません。中でも日本は異常なぐらいです。
意外でしょ?これだけ騒がれてるのに、大多数の国ではまったく以前のままなんです。
ちなみに二酸化炭素が地球温暖化の理由と言われていますがこれの根拠はまったくありません。
この根拠のない原因を削減するために新たな税金まで導入しようと現政権は考えています。
またそもそも地球が温暖化してきているという情報も、イギリスの気象庁のとある機関のでっち上げであることが先日発覚したのをご存知でしょうか?
その機関が作った気温上昇のグラフを元に現在の温暖化への取り組みがスタートしたにもかかわらず、それがヤラセだったのです。

その機関が作成したグラフに対してやったことは、
①ここ50年の気温が尻上がりに高くなるように補正計数をかけた
②全世界の田舎も都会も含めた気温を平均したらまったく差が現れなかったので都会のデータだけで平均した
③50年以上前のデータは実測値ではなく、木の炭素濃度だったかなにかでもって算出してますが、中世は今よりももっと気温が高かったためそれ以降のデータにした。
などがあります。
なんでそのイカサマが発覚したかというと、その機関にハッカーが侵入し引き出した情報を公開したためです。
中には電子メールで気温変化のグラフを尻上がりになっているように作成するように指示しているものまであったそうです。
それらのものが暴露され、その機関自体もヤラセの事実を認めました。
ただそれでも地球は温暖化していると言っていますけどね。
ようはイギリスがなんかの目的があって地球が温暖化していっているように見せかける必要があったわけです。
おそらくは現在の新興諸国の経済を抑えて覇権を維持するためか、新興諸国から金をとるためでしょう。結局それは失敗して逆に新興諸国に先進国が金をとられる構図が作られています。

二酸化炭素排出枠というものが各国に割り当てられているんですがその枠を売買する相場が存在しています。
日本は不足分を買っています。
そこまでしてまでやる意味がないですよね。だってそんなことしても二酸化炭素の排出量は世界中に見ても減らずに増えていってますから。
まあ、いろんな情報がありますが、地球温暖化はデマで新たな経済を動かすためのものだと考えてたら十分なんだと思います。

それにご家庭で本当にエコをするならの旅行に行かないとか外出に車を使わないようにすれば一気に二酸化炭素排出量は減ります。だってレジ袋でも原油から作られていますよね。
ガソリン満タン分で一生分以上のレジ袋が作れるんですから。
ゴミの分別だってそうです。
ナイロンと生ゴミわけたら生ゴミが燃えないから、油を入れて燃やすというのをやってるそうです。
その油があればビニールは作れるのに、分けてリサイクルしているんです。
しかもリサイクルするのにお金払ってやるんです。なんか間違いだらけな世の中になっています。
.11 2010 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

いかれぽんちん

Author:いかれぽんちん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。