2018 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

今話題のギリシャショックについて

現在の相場はギリシャショックという名の下、爆下げ状態であります。
だが、そんなものは実際問題大したことないわけです。
日本の年間発行国債額だけで100%返済できるわけですから。

ユーロ圏だけじゃなく、各国が融資すりゃ終わる話なわけですよ。
下手な景気対策打つよりもそっちのほうが有効な話なわけですが
もちろん話はそんな簡単ではなく・・・

なにが簡単ではないかというと、ただ単にギリシャショックというネタを使って
世界を裏から操っているやつらが下げて儲けようとしているだけなわけですよ。
だからたとえ融資してこの話が消えたとしても、今度はポルトガルショックだ~だの
スペインショックだ~だのいいだすだけの話で結局きりが無いんですね。

ただ、ユーロ圏の国は事情が別でして、仕掛けてきたやつらを叩きのめすぐらいの気概を
見せ付けて二度とユーロ圏には手をだすな!ぐらいのところを見せ付けないとダメなんですよね。
まあすでに時遅しなわけです。
ギリシャへの緊急融資が決まったようですが、結局下げ止まりません。
じゃあなんで下げるのか?下げだしたらみんな我先に売り出しパニックになるからです。

お祭り会場とかに爆弾テロが起こったりしたらみんな一気に逃げようとしますよね。
そんな状況なわけですよ。

ただ下げるためにやってるだけ・・・なのかどうかというのが今回のテーマです。
大まかに分けて、3つのことが考えられます。
①下げてお金を儲けたい
②ユーロ圏の崩壊を画策している
③世間の意識をただ単にそこに向けたいだけ

・・・もしかしたら全部あたりなのかもしれません。
もし②と③というような目的もある場合は、どっかの国の実力者による工作部隊による工作だと考えられます。
特にそんなことを影でやりたがりそうなのはイギリスぐらいかなとも思います。
最近負けこんできているイギリスが起死回生の手段として用いたのかもしれません。
まあこのあたりは推測でしかないんでさっぱりわかりません。

とにかく一般市民はやつらの好きにさせるしかありません。
国家間で団結しないと勝てないようなやつらに個人で戦いを挑むだけ無駄ですから。
スポンサーサイト
.08 2010 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nk225fx.blog102.fc2.com/tb.php/14-97f4d31f

プロフィール

いかれぽんちん

Author:いかれぽんちん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。