2018 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

金融危機と呼ばれている不況について

今日は、金融危機について書いてみようと思う。
(何度もいいますが、最終的な正解不正解は鵜呑みにせず、各個人で考えてください)

なんで今こんなに不景気なのか。
レバレッジ市場の金融収縮によって不景気なんだというのが世間一般的な解釈でしょうか。

しかしながら、当たり前のことですが、相場はゼロサムゲームです。
損した人がいれば儲かった人もいるのです。
じゃあ誰が損して誰が儲けたのでしょうか?
大手が損して不景気になっているんだから、大手が損して個人が得したのでしょうか?

いいえ違います。そんなわけはありません。
いつの世も儲けているのは、やつら大手のお金持ちで、
やられているのは個人です。

相場とは所詮やつらの集金システムにすぎないのです。
つまり、この下降相場に乗っかり往復で儲けているのです。

しかもアメリカでは、AIGの破綻対策だとか大手証券会社への資金注入だとかに税金が使われています。
これらのお金は実際に必要なものもあるんでしょうか?
実質下降で儲かっている会社に更に流れていっています。

往復での儲けでは飽き足らず、国民の税金までも懐に入れているのです。
しかもそれは国主導で実施されているのです。

アメリカは自由国家といいますが、実は自由にやりたいほう題しているのはやつらのほうで、
国民は知らないうちに奴隷とされているのです。
まあ、それは日本でもほとんど同じなわけですが。

最終的には、アメリカは赤字国債をバンバンだして、海外に売りさばいています。
では、これが返済できなくなったらどうなるのでしょうか?

もちろんアメリカは債務不履行になり破綻します。
破綻すると国債の価値及び、ドルの価値が0になります。

そうすると誰が痛手を受けるでしょうか?
日本や中国などアメリカ国際をたくさん持っている国は痛いですよね。
日本では10兆円の資金が吹っ飛びます。
でも一番痛いのはアメリカ国民です。貯金が0円になりますので。

じゃあアメリカ政府は痛いのか?というと、まったく痛くありません。
それどころか逆にウハウハです。借金が0円になるわけですから。
ただし、対価として国際信用力が0になる・国内治安が最悪になるなどのデメリットはあります。

が、儲けのためにはそんなのしったこっちゃない人たちが牛耳っているのがアメリカという国です。
恐ろしいですね。

ちなみにアメリカの大手金融会社などは損するのでしょうか?
いいえ、しません。
やつらはアメリカ政府とグルなのですから、破綻しますよ~という情報は入手した上で、
対策を立てて、逆にそれを利用して儲けられるポジションにしてから破綻させますので。

かなりの計画的破綻が行われるわけです。
イカサマ国家バンザイなわけです。

そういえば、有名な同時多発テロ「911」もアメリカの自作自演だったという話を知っていますでしょうか?
まあその話は次回に・・・。
スポンサーサイト
.01 2010 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://nk225fx.blog102.fc2.com/tb.php/3-7b6423f0

プロフィール

いかれぽんちん

Author:いかれぽんちん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。